ホラーもエンターテインメントのジャンルとしてはずせないが、残念ながら最近の作品は、しずる感もシリアス感もなんもないホラーばかり・・・

また、小説だと怖いなぁと思ったものが映像にすると面白くなかったり・・・これは結構奥が深い。

水木しげる先生が他界されて、その偉大さが最近になってとても思い知らされる。そこで、ないなら作るしかないなということで、ある企画を模索しております。しかも今度は実写でやるつもりですw

ホラーもやりすぎるとギャグになることに最近気づきましたww